2019年07月05日

阪大のレジェンドが挑む新しい再生医療

 ご無沙汰です。元気にリハビリ続けています。
 再生医療が治験に入っているので、来年春までは大きなニュースが少なくて・・・。
 それでも下記が入ってきました。

---------------------------------------------------------------------------------------



競合なし。阪大のレジェンドが挑む新しい再生医療


 将来の新規株式公開(IPO)時には、「ユニコーン」規模になるのではないか、と噂されているバイオスタートアップがある。大阪大学発のステムリムだ。

 アンジェス、オンコセラピー・サイエンスの2社をIPOに導き、日本のバイオスタートアップの草分け的存在である会長CEOの冨田憲介(左)。「レジェンド」と言われている彼が2013年7月に取締役に就任以降、取り組んでいるのが再生医療分野で革新的な試みを行う同社である。18年12月に総額約14.5億円の資金調達、19年3月には米メディシノバで副社長を務めていた岡島正恒(右)を社長COOに招き、さらなる成長曲線を描く。

 「我々が世界に提唱しているのが『再生誘導医薬』という新しい概念。物質の投与で、骨髄に存在する外胚葉性間葉系幹細胞を循環血流中に動員し損傷組織に集積させ、人が本来持つ(組織修復)能力を最大限に引き出し、組織・臓器の再生を実現する医薬品。生きた細胞を直接治療に使用しないため、細胞医療とは異なり、品質管理も容易で製造コストも安く、製品輸送上の課題もなくグローバル展開できる。かつ、幅広い適応症をカバーできる可能性がある」と冨田は話す。

 患者の体外で人工的に培養した幹細胞や、幹細胞から人工的に構築した組織などを体内に移植し、損傷した臓器などの失われた機能を回復させる再生医療が主流の中、再生誘導医薬は全く異なる、新しいアプローチをとる。内因性幹細胞を活性化・分化させることにより、損傷した臓器や組織の失われた機能を回復させる。

 同社は現在、難病指定されている表皮水疱症に対する治療薬では医師主導治験(フェーズ2相当)を実施中。導出先の塩野義製薬により脳梗塞の臨床試験が行われ、心筋梗塞に対する臨床試験も射程に入っている。また、変形性ひざ関節症、肝硬変、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎や難病のALSなど数多くの疾患に効果を持つことも非臨床試験で確認している。「世界でも競合企業が存在せず、グローバル水準で先頭に立つポテンシャルは大いにある」
posted by 背番号31 at 08:12| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

骨髄由来の間葉系幹細胞

 下記の3つの治験は骨髄由来の間葉系幹細胞が脳神経を修復する点で同じ治療薬で、静脈点滴で投与。

   ①サンバイオのSB623
   ②札幌医大の間葉系幹細胞
   ③東北大のMuse細胞

 それを踏まえて、下の報道記事を読んでください。

-------------------------------------------------------------------------

 再生細胞薬SB623が、厚生労働省から再生医療等製品として「先駆け審査指定制度」の対象品目の指定を受けることになったと発表

「先駆け審査指定制度」は、世界に先駆けて日本で開発され、早期の治験段階で著明な有効性が見込まれる革新的な医薬品について、優先審査をする制度。今回の指定により、医薬品医療機器総合機構(PMDA)から薬事承認にかかる相談・審査の優先的な取り扱いを受けることが可能となるため、同社ではこの利点を生かして国内における承認申請を行うとしている。

 なおSB623は、一過性に遺伝子導入した成人骨髄由来の間葉系幹細胞を加工・培養して製造された再生細胞薬で、脳内の神経組織に投与されると自然な再生機能を誘発することで、失われた運動機能の改善を促すことが期待されている。現在、単独で慢性期外傷性脳損傷を対象とした日米グローバルのフェーズ2臨床試験を行っており、18年11月には「SB623の投与群は、コントロール群と比較して、統計学的に有意な運動機能の改善を認め主要評価項目を達成」という良好な結果を得ている。
posted by 背番号31 at 15:10| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

国産の遺伝子治療薬、厚労省が初承認

 大阪大発ベンチャーの「アンジェス」(大阪府茨木市)は26日、脚の血管が詰まって潰瘍や壊死(えし)を起こす「重症虚血肢」の患者に、遺伝子を体外から入れて治療する薬「コラテジェン」について、厚生労働省から条件付きで製造・販売が承認されたと発表した。

 国産の遺伝子治療薬が承認されたのは初めて。同社は保険適用の手続きを進める。薬は年内にも田辺三菱製薬から発売される見通し。症例が少ないため、今後5年間で有効性を確かめ、再度、承認申請を行うことが条件となっている。

 国産の遺伝子治療薬、厚労省が初承認

 大阪大発ベンチャーの「アンジェス」(大阪府茨木市)は26日、脚の血管が詰まって潰瘍や壊死(えし)を起こす「重症虚血肢」の患者に、遺伝子を体外から入れて治療する薬「コラテジェン」について、厚生労働省から条件付きで製造・販売が承認されたと発表した。

 国産の遺伝子治療薬が承認されたのは初めて。同社は保険適用の手続きを進める。薬は年内にも田辺三菱製薬から発売される見通し。症例が少ないため、今後5年間で有効性を確かめ、再度、承認申請を行うことが条件となっている。
posted by 背番号31 at 06:10| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

ALSに白血病の薬で治験

 全身の筋肉が衰える難病「 筋萎縮性側索硬化症きんいしゅくせいそくさくこうかしょう 」(ALS)を、白血病の薬で治療する臨床試験(治験)を始めると、京都大のチームが26日発表した。患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った研究で、ALSの進行を抑える効果を確認しており、治験では20歳以上80歳未満の患者24人を対象に安全性を検証する。

 この薬は、慢性骨髄性白血病の治療薬「ボスチニブ」で、京大病院を含む4医療機関で治験を行う。対象は、発症から2年以内で、自立して日常生活を送ることができる患者。1日1回、1~4錠を最大12週間服用してもらい、主に副作用の有無を調べ、治療効果も探る。

 ALSは体を動かすための神経が徐々に失われる難病。2017年度末現在、患者は約9600人に上る。進行を遅らせる薬はあるが効果は限定的で、根本的な治療法はない。

 京大iPS細胞研究所の井上治久教授らは、患者のiPS細胞から病気の特徴を持つ神経細胞を作り、1416種類の薬の候補と反応させた。17年、ボスチニブに神経細胞の死滅を抑える働きがあることを確かめ、治験の準備を進めていた。

 井上教授は「実験では、既存薬よりも効果が認められたが、まずは慎重に安全性を見極めたい」と話す。

 iPS細胞を使った創薬研究では、慶応大もALSを対象に別の薬で治験を実施中で、日本ALS協会近畿ブロック会長の増田英明さん(75)(京都市)は「私たち患者は、長い間治らないと言われたALSと闘っている。治療の選択肢が増えることを切に願う」とコメントした。
posted by 背番号31 at 07:02| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

iPS細胞の治験続々

ips治験.png
posted by 背番号31 at 08:09| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

日本人の95%以上に対応…「拒絶」起きにくいiPS

 遺伝子を自在に改変できるゲノム編集を利用し、免疫による拒絶反応が起きにくい新たなiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したと、京都大iPS細胞研究所が発表した。

 この技術を使って免疫の型が異なるiPS細胞を7種類作製すれば、日本人の95%以上で移植後の拒絶反応を抑えることができるという。論文が8日、米科学誌セル・ステム・セル電子版に掲載される。

 iPS細胞は患者自身の細胞から作れば、移植に使っても免疫に異物とみなされず、拒絶反応は起きない。他人由来のiPS細胞を使う場合、患者の免疫の型と合わないと拒絶反応が起こる。同研究所の堀田 秋津あきつ 講師(遺伝子工学)らは、酵素をはさみのように利用して細胞の遺伝子を切り貼りするゲノム編集の技術を利用。細胞の免疫型を決める一部の遺伝子を壊すことで、多くの人で拒絶反応が起きにくいiPS細胞を作る方法を考案した。従来のiPS細胞より拒絶反応が減ることをマウスの実験で確認した。

 これまで同研究所は、比較的多くの患者に合う免疫型を持つ人からiPS細胞を作り、移植用に備蓄する計画を進めてきた。同研究所が提供できるiPS細胞の免疫型は現在3種類あるが、日本人の90%をカバーするには140種類そろえる必要があり、コスト面などから困難だった。

 今回の方法は、狙った遺伝子以外に影響が出た場合に想定外の副作用が起きたり、感染症にかかりやすくなったりする恐れがあり、実用化には課題が残る。堀田講師は「安全性を担保する手法を確立し、2020年度にも実際の医療に使えるiPS細胞を今回の手法で作製したい」と話す。
posted by 背番号31 at 15:00| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

iPS角膜移植

 厚生労働省の専門部会は5日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)からシート状の角膜組織を作り、目の病気の患者に移植する大阪大の臨床研究の実施を条件付きで了承した。大阪大のチームは、早ければ6月にも1人目の移植を実施する方針。iPS細胞を使った角膜の治療は世界初。iPS細胞の臨床応用が認められた病気は国内6種類目となる。

 病気やけがで視力が低下し、亡くなった人から角膜提供を希望する患者は全国で約1600人に上るとされる。大阪大の治療は新たな選択肢となる可能性がある。

 対象は「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者。角膜のもとになる細胞が失われて角膜が濁り視力が低下する。
posted by 背番号31 at 06:35| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

iPS細胞からミニ肝臓

 iPS細胞から「ミニ肝臓」を作り、重い肝臓病の乳児に移植する臨床研究計画について、横浜市立大のグループが、夏にも再生医療を審査する慶応大の委員会に申請する方針であることが23日、わかった。肝臓のような複雑な臓器の組織をiPS細胞から作るのは難易度が高い。2020年度の移植を目指している。

ips肝臓.jpg   
 
posted by 背番号31 at 07:36| 先端再生医療 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。